読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

観劇アレコレ日記

いわゆる「イケメン舞台」についてのアレコレ。

演劇界の常識は世間の非常識?!

いわゆる「若手イケメン舞台」にハマって1年半。

演劇界では普通なのかもしれないけど、「それってどうなの?!」と思う事があります。

まず

「稽古も始まってないのにチケットが発売される」

という事。

上演の3か月ほど前に「先行予約チケット」が発売されるので

ざっくりした内容と、出演者、演出家、脚本家が発表された時点で発売なの。

どんなストーリーになるのか、推しがどのくらい出るのか全く分からない。

この時点で7000円前後するチケット買うって、かなりの賭けですよね。

 

これって、レストランに行って「シェフの気まぐれコース」頼むようなもんじゃない?

しかも高い。7000円。

使用する素材(人参とか鶏肉とか)と「中華・和食・フレンチ」ぐらいは決まってるけど、何が出てくるか分からない。

たまに「仕込時間たりなかったから、バーベキューね!!」みたいな料理出てくることもあるんです。

何度「お尻の痛みに気付く舞台」(別名クソおもしろくない舞台)を観たことか・・・

 

 

だから、前作評判の良かった続編のチケットは争奪戦で手に入らず、新規の舞台はチケットがなかなか売れないんですよ。

そこで、売れないチケットはどうするかというと

「発売後の売れ行きが悪いと後出しで特典が付く」


上演後キャストのハイタッチ会が急遽決まったり、非売品ブロマイドが付いたりするんです。

すでに購入済の人には付かないんだよ!!ブロマイド。

ハイタッチ会やアフタートークも売れ行きの悪い公演に付くので、自分が買った日のチケットがよく売れてたら何もなし。

アフタートークあるんだったら、そっちの日程買ってたのに~!って事があります。

 

 同じ舞台見るのに、後で買った人が得なんて酷くないですか。

チケットが売れないと困るのは分かるんだけど、なんか納得できません。

 

他にも

「座席位置の指定が出来ない」

とかさ。

(まれに指定できる舞台もあるが)

一階の後ろより、2階の最前がいい。とか、

2回見るから下手と上手両方の席取りたいな。とか

好みがあるじゃない?

そういうの一切希望出来ません。与えられた席で見るしかないの。

 

 

演劇界では普通の事なんだけど、ちょっと独特なルールのある世界だな~って思います。