読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

観劇アレコレ日記

いわゆる「イケメン舞台」についてのアレコレ。

2014.11.23「私の玉の輿計画!マチネアフタートーク」レポ

(※他所に散在していたものを転記)

 

私の玉の輿計画!マチネアフタートーク

MC後藤さん

出演者;(宮崎)秋人くん、(鈴木)拡樹くん、ちゃんとも(廣瀬智紀さん)、明坂さん

 

逆玉についてどう思う? 
しゅーと「えっ、それは宮崎秋人としてですか?鈴木拡樹として?本人的に??」

椅子から立ち上がって自分の全身を指しながら質問を確認。
しゅーと「いいですよね!でも、そこから働くかヒモになるのかはまた別の問題ですよねっ!」

ヒモというワードを嬉しそうに話す。
拡樹かちゃんとも「働かせてもらえない事もあるしね」

ちゃんとも「僕は家事が得意なのでやりますよ。専業主婦的な」
拡樹「僕はねー、得意な家事とそうでないのが好き嫌いが激しくて。お風呂掃除は好きだけど、食器洗いは嫌い。この微妙な違いが分かるかな~w」

拡樹の「家事は分担したいですね」
後藤さん「それ、普通のやつですね」

明坂さん「そりゃあ乗りたいですよねぇ?!(会場に同意を求める)消費税は上がりますし、解散総選挙。政治は不安定ですし!」
しゅーと「えっと、引き続き政治の話ってことでいいのかな?w」

後藤さん「まぁ、政治の話はこの辺で終わりに…」会場笑い
ちゃんとも「今の政治はね…!」(身を乗り出してさらに話そうとする
しゅーと「ともきくーん!もうやめよう?危ないから!やけどするぞ!」

 

役とかぶるところは?
一同「…」お互い顔を見合わす「あんまりないかな…」
ヒロキかちゃんとも「秋人くんは、それ(衣装)私服でしょ?」
しゅーと「違います!衣装です!確かに一時期さ迷ってた時があるけど!今は落ち着いて現世に戻ってきました」(※真っ赤なパンツに白のナポレオンジャケットのような衣装)

ヒロキ「強いていえばアルかな?」
二人「え?どこが?」
ヒロキ「」

 

 

きゅんセリフを朗読コーナー
ちゃんとも「こうして、街に平和が…」(※セリフうろ覚え
後藤さん「ちょっと待って下さい?それ、ト書きですね!?」
会場爆笑。セリフの紙を半分に折りながら
ちゃんとも「こうして(セリフ以外は隠して)読みます」

ちゃんともがセリフを読み始めるとマイクが襟のリボンに引っ掛かる→ヒロキがすかさず直しに行くが、またマイクがずり落ちる→ヒロキがちゃんともの後ろからマイクを支える「これでいきましょう」(ヒロキが後ろからちゃんともを抱きしめるような格好になる)

セリフを読みすすむちゃんとも、途中で恥ずかしくなったのか笑い出す。
後藤さん「(ヒロキとちゃんともの)絵が強烈過ぎて、セリフが全く入ってきませんでしたね?!」

 

 

------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

以下感想

 

 

 

 

 

今まで見た中の最低ランキング更新したww

クオリティクソすぎて感想とかのレベルじゃないww

主催はイベントやったことあるのかな。ってか、演劇や舞台を一度でも観たことがあるんだろうか? 舞台()に演出家存在したのだろうか?
あのイスの並べ方で後列の人は見えたのかな。

疑問が目白押し。

主催は「プロジェクト リーレ」覚えておこう。

客層はペダルとかぶってると思うんだけど、みんなどう思ったんだろう

SE 、照明、マイク、衣装の大切さをあらためて実感したよね。

あれなら5人が椅子に座って生声でスタッフTでよかった気がする。

中途半端な衣装と髪型で、世界観も崩れっぱなし。

しゅーとは黒髪の設定なのに金髪(メロスを控えていた)

ちゃんともは金髪の役なのに黒髪。そのわりに原作に忠実な衣装(ただし宝塚っぽい)この時点で、衣装と髪型の違和感がハンパない。

ヒロインの明坂さんは、冒頭で粗末な服を着ている説明があるのに豪華な緑のドレス。物語後半にドレスに着替えるシーンがあるんだけど先取りすぎて後半に行くまで違和感。

客の想像力を引き出す朗読劇に中途半端な衣装いらない。

舞台装置(と言うのもおかしいぐらいの王座)のイスを出し入れするスタッフは下手にスタンバイしとけばいいし、まずイスなんか置きっぱなしで支障ない。

なぜイチイチ舞台を横切るのか。

最初の5分くらい舞台真っ暗でずーっと影ナレで状況説明。

正直な感想「誰だオマエ?!?」
アンサンブル入れずに3人のうち誰かがやれば良かったんじゃないの。

マイクの感度が良いのかスピーカーが大きすぎるのか、声は割れるし、息を拾いまくりみんなフヒーフヒー言ってた。
ないわー朗読劇であのマイクはないわー

中途半端な所で入るSE。世界観に全く合ってない中国のドラみたいな音多用。

音響が練習不足なのか、BGM待ちと思われる無言の時間多発。

朗読の仕方は声優と役者って全然違うんだね!どちらも素晴らしいけど、一緒にしたら違いすぎて違和感半端無かった。

続くのかな。あのクオリティじゃ2度と行く気はしないけど、キャスト良かったしな。色々残念すぎて悲しい。

 

初の朗読劇()でしたが、あまりのクオリティに色んな意味でビックリしましたww

急遽決まったアフタートークがあってほんとに良かったです