読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

観劇アレコレ日記

いわゆる「イケメン舞台」についてのアレコレ。

超★超歌劇『幕末Rock』 ミュージカル幕末ロック 幕ミュ 2015.08.09ソワレ 夜公演(大阪千秋楽) レポ② 

 

 

日替わり バンド名

 ※もっくんが日替わりでバンド名を考える名物コーナー

シーンが始まると、もっくんが、振られる前にのれんの後ろに隠れて逃げようとするので、良知くんと矢田ちゃんに「そこは女子更衣室ですよ!」ってツッコまれてた

 

良知龍馬(以下ら)「大阪千秋楽良かったな~ってバンド名言うてみい!」
もっくん高杉(以下も)「桂さんっ!」助け求める

 矢田桂(以下や)「がんばりなさい!」
も「げ、ゲスの極み高杉!!」
 ゲヘゲヘゲヘ(もっくんが考えるゲスのポーズ(多分)

 ユウレイみたいに両手を出してゲスイ顔をする


や「晋作?ゲス野郎だったんですね?引きました!!」
も「いや、かっ、桂さん?」 慌てて駆け寄る

や「いえ、結構です!」もっくんの目を見ないようにして手で制止

 わちゃわちゃしてる二人の横で唇尖らせてじっと客席見てる良知くん

ら「今、なんか言ったか?よく聞こえなかったからもう一回!!」
も「えーーーー!!!聞えなかったの?!桂さん、どうしよう」

矢田ちゃんに助けを求めるもっくん

や「やりなさい!!!」

 会場大爆笑&拍手

も「レ・高杉ラブル!!なんか大きい方でやってるやつ!」

 (※館内の大劇場でレミゼやってました)
も「あのね、あのね、もう一個あんの!桂さん、じゃんけんしよう!」
や「えーなんなんですか?!もぅ・・・あ~じゃあ、ハイ・・・」とっても迷惑そう
も「最初はぐー!ジャンバルジャン!!」
ら「対抗してるの?(笑)」

 腕組みしてたのをやめてもっくん覗き込み、ほぼ素の良知くんになる

ら「せっかくだから、レ・ミゼラブルのなんか歌ってみぃ!」龍馬に戻る

会場歓声
も「えーーーーー!!!!」 

も「想定外!!!」ものすごく戸惑う

も「これはっ……!ほんとに想定外だっ!!」固まる
ら「歌えないのか?」

も「歌えないよー!」

ら「じゃあワシが歌う!!」

会場大歓声

 ※カフェ・ソング?(歌詞うろ覚え)
♪机も椅子も無い~♪「あ、あった」舞台のイスと机を指差して
♪友もいない~♪「あ、いた」高杉と桂を見て

会場大歓声&鳴りやまない拍手

ここでお登勢さん登場

お登勢「おそーーーーい!!(シーンが)伸びすぎよ!!裏で、いつ出たらいいかと思って、出たり入ったりしちゃった!!」
ら「まだ桂さんもやりたいらしい」
や「えーーいいですぅ」

良知くんにグイグイ押され、しぶしぶ椅子に乗る

や「こういうのは、深く考えちゃダメなんです!勢いで言わないと。めっちゃROCK頑張るねんズ!」
会場拍手

ら「せっかくじゃ、お登勢やんもなんか言うてみぃ!」
お登勢「京都と大阪って結構近いズ」
(舞台の設定が京都にかけた?)

客失笑
お登勢「無茶ぶりすぎよ、あんた!!」

お登勢「このピザを机に置いたらこのシーン終わりなのよ!でも置きたくなーい!」
客「きゃあああああ!!!!」
お登勢さん苦渋の決断で机に置く
もっくん、ものすごいテンションで「うおおおおおお!!!上手そう!!!!!!」

※大阪千秋楽で客のテンションもキャストもちょっとおかしくなってたので、本編に戻すもっくん大変そうでした。かなり力技だった

 

 

五色繚乱にて

井伊小谷くん

ウルトラソウルズの後ろで、舞台2階部分でダンス中に小道具の扇子を吹っ飛ばす
一瞬「ん?!」ってなって自分の手を確認した後、見えにくい視界で落下地点を確認

正面向いて扇子無しでしばらく踊った後、階段下りる振りの時に「よいしょ」ってかんじでさりげなく拾いに行く姿がとってもキュートでした

 

(゜Д゜)ん?(・_・ ) ドコイッタ?→(・ω・)アッタ→(・_・)

 

こんな雰囲気

その間も、ちゃんと踊ってたから、素になるとかテンパってワタワタするわけではないんだけど、なんか「ん?!」てなってて、
フォローの仕方がすんごい可愛かったです

 

器材トラブル

もっくんと矢田ちゃんのマイクが入らず、ワンコーラス飛ばしたようにきこえた曲があったけど、キャストが飛ばしたんじゃなくてマイクが入ってなかった

ちゃんと歌ってました!!

 

桂、高杉が散るシーンのスクリーンに映像が映らず「DVDが挿入されていません」と表示される

客席から失笑

一瞬の事だったし、私は良知龍馬に集中してオペラグラスで見てたから気にならなかったけど、他のレポでは残念だった、との声がありました

 

 お登勢前説

コール&レスポンス

「探偵ナイトスクーーー?」「プ!!!!」

最前にとても元気な方達がいらっしゃって、凄かったです

「なんか前の方にすっごく前のめりなお客さんいるわね!!!!」