読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

観劇アレコレ日記

いわゆる「イケメン舞台」についてのアレコレ。

2015年11月8日 舞台 「黒執事 地に燃えるリコリス 2015」 生執事 マチソワ 感想 レポ ② レギュラーキャスト(AKANE・植原・佐々木・輝馬・鷲尾・河原田)

 ネタバレ100%なので閲覧注意!!



AKANE LIVさん(マダムレッド)


AKANEさんはさすがでした
マチネでは、安定感ある演技
ソワレは余裕が出てきたのか
少し遊んでたかな
歌にフェイク入れたり
マダムレッド紹介の曲(仮)
「このお茶完璧ねぇえぇぇ~~~~~~~~!!♪」
めちゃ美声ビブラートw

歌唱力は圧倒的
高音がもんのすごく綺麗
DVDでは最後の「リンドーンリンドン」
のとこ息継ぎが凄く気になったけど
今回は全然気にならなかった
最後の高音は凄かった~
劇場に歌声が響き渡って
声を浴びるかんじ
それでいてキンキンしない

ソワレでアンサンブルが滑って転んだんだけど
「あら~!?」
みたいなアドリブ入れて助けてた
前作は大人の女性っぽかったけど
今回はキュートなかんじかな
特別大きく変わったところは無かった

アンダーテイカーの極上の笑いで
下ネタのとこは
下半身から両手を上げて
ナニかを想像させるような動き
わりと下品なんだけど、
演出としてスマートな印象
ピーがピーしてって綺麗にまとまってた

演技では、
ラウと仲良しだったり
ドルイットパーティーでシエルをからかったり
メンズに「アピールしてみて♥」
と言って「よし、両方付いていらっしゃい♪」
とパーティーを満喫したり
AKANEさんがキャストと仲良いのが
そのまま舞台に反映されたかんじ
とてもカンパニーに馴染んでました

マダムレッドがジャックだとほのめかすシーンは
増えて分かりやすくなっていたと思います

前半が皆と仲良く楽しそうにしてるので
後半が更に映えるし
落差が凄く出で
ストーリーに深みが増していました





原卓也さん(グレル・サトクリフ)

グレルは期待どおりか、それ以上
ダンスのキレがほんとスゴイ
見入る
その後のセリフも息切れしてないし
あまり汗もかいてなかったような
ソロのダンスパワーアップ!!
音楽は、ダブステップのような
電子的な重低音がブリブリ響くアレンジに変更
ロミオとジュリエット」(仮)では
途中、演歌あり
(表現変だけど、観たら分かると思う。演歌)

殺陣もゆんと上手く合ってた
ソワレでも全く疲れを見せずに最高のパフォーマンス
仕様人ズとの日替わりでは
「こっちは疲れてんの!!!」
って言ってたけどw

容疑者一覧を書いてある巻物を巻く時
雑にクッシャクシャに丸めたり、
セバスにハトみたいに首ひょこひょこして近づいたり
舌をペロッとしたり
髪を触ったり
役の掘り下げが更に深くなった印象
あ、アニメにある、髪を櫛ですくシーンあるよ!
リアルグレルでした

歌声は声量も充分で圧倒的
超激しいダンスの後でも
伸びやかに歌い上げていました
なのになぜか
「降りやまぬ雨」のソロ最後の2音
うつすのーかー♪
のとこ毎回外す
音程が難しいのかな?

それ以外は思った以上かな
見てて圧倒された
演技もダンスも歌も!
かなり期待して観に行って、それ以上に素晴らしいって
なかなか無いので本当に素晴らしいです

ラスボスに相応しい存在感と演技だったと思います








佐々木喜英さん(ドルイット子爵)

ヒデイットは黒執事の宝!!!
最高に気持ち悪く、美しい
気持ち悪いのに美しいってどういう事なんだ!!!
パーティは、もうヒデ様オンステージでした
「私は美の化身」更にパワーアップ
最初に出てくるときに
変なポーズでジャンプ入れたり
階段上での腰振りダンス
シエルに絡む時は全開セクハラ
腕に吸い付いたり、足を絡めてしがみついたり
もうやりたい放題
でも、無法地帯ではなく
洗練された変態
日本語もおかしくなるほどのヒデイット様の破壊力
大好きです!!

通常のダンスシーンではキレッキレで
とても美しくて色気ダダ漏れ
美の化身のラストでの舌ぺロ健在
紫コンタクト確認

みんなヒデイット大好きすぎて
パーティーシーンに入る暗転から音楽流れた瞬間
客席からクスクス笑い声が漏れるほど

ヒデ様がドルイット大好きなのが
伝わってきて
客席も大いに沸きました






輝馬さん(ウィリアム・T・スピアーズ)

ウィリアム出てきた瞬間「キターーーー!!」
ってかんじ
流れのぶった切り感、キャラの立ち具合、圧倒的な強さと歌唱力
流れを大きく変えてすごい存在感
馬良いよ!!!!

でも!!マチネで!!どうしても許せなかった事があるの!!
ウィリアムのジャケットのポケットのフラップが
中途半端に中に入ってて
最初はそういう形のフラップなのかと思ったんだけど
反対側見たら中に入ってて
「これ、出番直前に、何か出し入れした?!
 それでそのまま出てきちゃったの??
輝馬、出番までの2時間20分(推定)何してた!!!!!
フラップぐらい1秒で入れられるだろおぉォォォ!!!」
って心の中で叫びまくりました・・・

ウィルだったら絶対フラップにも気を使うでしょう
髪も表情も完全にウィルなのに
フラップ・・・(白目

カテコでは、片方入ってて片方出てた(白目再び

あと、衣装のパンツは膝の後ろがしわっしわ・・・
対するセバスがジャケット脱いだ下の白シャツまで
アイロンがピンピンに当たってて
脱いでもセバス!!だったので
比べるとしわしわ具合が目立ちました
衣装さん、ウィルのズボンにもアイロン当ててあげて・・・

他の所は凄く良かったんだよ
演技も歌も殺陣も
だから余計に目立ってた・・・

あと、ウィルの登場シーンは変更あり
二階部分からだったのが
セットが割れて真ん中から後光(ライト)と一緒に登場
そのためセバスの振り下ろしたデスサイズを受け止めるシーンは無くなりました
あれ好きな演出だったのにな

ウィリアムのウェストコート(ジレ)はペイズリー柄だったよ
黒地に光沢のある糸の織りかな
上品でしたがペイズリー柄にちょっとびっくり
「ペイズリー・・・ペイズリー・・・?」
ってなりましたw

ちなみに、ソワレでは遠くてあんまり見えなかったけど
ちゃんとフラップが入ってたように見えました





荒木宏文さん(ラウ)

思ってた以上に歌が上手かった!
腹から声出てる!ってかんじ
声量もすごくあって、切り裂きジャックの歌の時は
表情が猟奇的で迫力あった

途中何度か、本当に目を閉じたままで移動してた

ダンスも綺麗で、カンフーっぽい動きがあって
足の開きが物凄く深かった

手品シーンでは刀をクルクル回して
剣の使い方上手

アンダーテイカーの極上の笑いのシーンで
マチネで棺にぶつかって、あかねさんとわちゃわちゃしてたの可愛い
×マスクを外して、ずっと手でクルクルしてました

マダムの葬式時の黒衣は龍の模様で綺麗でした





鷲尾昇さん(バルドロイ)

安定感。めっちゃ安定感
今回は仕様人ズが「まとめて三人」感が出てて
それぞれの見せ場は少ない印象
登場は、三人一気に出てきて
セバスがそれぞれを紹介する方法に変更
軽くて楽しいシーンだけど、クライマックスでも重要なシーンになってます

日替わりネタ
マチネ→「味見してたら全部食べちゃった」
ソワレ→「包丁研いでたら、研ぎ過ぎて無くなっちゃった」
毎回お疲れ様ですw


「まとめて3人使用人ズ」なので個人で出しゃばらずに
良い立ち位置だったと思います
出演時間は少ないけど
冒頭とクライマックスに出てくるので
十分爪痕は残して行った
物語で重要な役割りをしっかり演じてました
暗い物語の中で
いつも元気な仕様人ズがとってもいいスパイスです





河原田巧也さん(フィニアン)

仕様人ズ可愛い
日替わりソワレ→「チューリップの球根植えたの。
全然芽が出ないから、掘り返してみたの。玉ねぎだった」
鷲尾さんと安定感抜群

Wチャールズ乱入時の
庭の置物持っての殺陣が多少増えてたかな
仕様人ズで一番地味で全然見せ場が無かったのが残念

使用人ズみんながそうだけど
落ちつた演技で舞台の底上げして
他キャストをしっかり支えてた印象でした


remonakku.hatenablog.com

remonakku.hatenablog.com

DVD感想
remonakku.hatenablog.com