読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

観劇アレコレ日記

いわゆる「イケメン舞台」についてのアレコレ。

2015年11月8日 舞台「黒執事 地に燃える リコリス 2015」生執事 大阪 梅田芸術劇場 マチソワ 感想 レポ ④ セット・日替わりなど

舞台 黒執事 2015 観劇レポ
ネタバレ1000%なのでかなり閲覧注意!!!
細部までネタばれてます!!!!
新セットや新衣装、変更点の記述有
 
脚本・セリフ・歌詞の変更なし
セットが一新された為に、演出の変更あり
 
 
曲について
 
曲は、コード一緒でメロディの変更、アレンジの変更あり
那由他くんの声変わりにつきメロディ低音に変更
・Wチャールズが切り裂きジャック事件の概要を歌で説明(新曲?)
・グレル登場の曲は、ダブステップのようなブリブリした電子的な重低音にアレンジ+ダンスパワーアップ
ロミオとジュリエットは、途中に演歌挿入
・ラウのジャックザリッパーはメロディアレンジあり。ダンスも一新
・マダムレッド紹介の曲アレンジあり。セリフとメロディが混じる
・その他の曲は大きく変更なし
 
 
 
 
 
 
セットについて
 
セット一新
・チェスの駒のセット無くなる
パルテノン神殿のようなお城の柱部分と壁部分が何分割かになったセット
 繋げて使えるし、分割してひとつずつでも使用可能
 壁部分にはプロジェクションマッピングのスクリーンにもなる
 柱部分の上で芝居あり
 階段は可動式。セットに引っ付けて使用
 二階部分の固定セット無し
 (二階からの登場シーン無し)
坊っちゃんのベッドはちゃんとしたベッド
 ソファーあり
 (初演のような、ソファーベッドではない)
・アンダーテイカーシーンで天井からロウソクのセット降りてくる。綺麗
プロジェクションマッピング用の大きいスクリーン使用
 ジャックザリッパーのシーンで効果的に使用
 ラウがマッピングでジャックザリッパーの影と対決
 
 
 
 
 
 
演出、演技について
 
セット変更の為に演出変更
・ウィル登場時に、セバスのデスサイズ受け止めるシーン無し
 セバスが何かに止められた演技して、セットが割れて奥から出てくる
・葬儀屋からタウンハウスに帰る時
 馬車に揺られる上下運動の芝居無し
 ただし、ガタガタ道や急停車を表現するために
 効果的に使用されていた
・馬車からセバスが飛び降りるところ
 ドル様の不死鳥のようなポーズで「とうっ!」て降りて走っていく
・使用人ズの登場シーン
 3人まとめてばーっと出て来てダンス
 セバスが一人ずつ紹介
 最後にセバスを真ん中にしてキメポーズ
 →ドラマティックレコードでも同じ曲でダンス。真ん中がグレルに(面白いシーンになっていた)
・ハケる使用人ズにグレルが一言は日替り
 ・今のところカット!!(マチネ)
 ・こっちは疲れてんの!!(ソワレ)
・OPシエルは奥の檻の中。セバスが二階部分から登場→目の前に瞬間移動
・シエルの衣裳変更。白地に細い黒のストライプ。白地生地に美しい織り模様あり。
 腰のリボンは、半ズボンと同じ生地
 ジャケットの前はマジックテープ
・焼き印の棒あり
・朝のシーン。悪夢を見てしばらくハアハアするシエル
・靴を履かせる時は、セバスの膝の上に足を乗せる
 (背の低さ、子供っぽさが強調される)
・使用人ズとセバス。ソワレでは囁き声になり、使用人ズに冷たい
・ドル様パーティー。セバスに近づくドル様
 他の客にかなり妨害されるも果敢に近づく
 セクハラパワーアップ。足を絡めて腰振る。
 セバスとシエルのぐるぐるダンス無し
 代わりにフィップスと柱の回りを追いかけっこ(フィップスの傾き具合職人芸)
   クローゼットの手品シーン、最後は2個同時
   クローゼットがフィップスの目の前に来て邪魔される。クローゼットノックするフィップス。反対側をセバスがノック
・「私は美の化身」甘やかにささや~き♪の前に出る瞬間、妙なポーズでジャンプ
      私は美の化身~♪リフトシーン「美の」の瞬間に、顔上げて超☆笑顔のアンサンブル
・どんな「人間」にも、セリフが強調され分かりやすくなる
・1幕終わり「最後のキス♪」の曲。「キス」は歌わずに吐き捨てるように言うマダム
・ウィルの名刺を飛ばすセバス。ソワレではセットに当り落下。思った以上に飛ぶ。
 マチネではセット飛び越えて綺麗に飛んでった
・グレイのブーツの後ろに付いてる黒い飾りは、リボンで作った薔薇のモチーフ。美しかった
 ・天井から落ちる赤い花びらは、本当に花びら
・チェス後、容疑者資料を見るセバス、マダムが反対向きに渡したらしく、いち枚ずつひっくり返して見てる。律儀
 マチネでは、なかなか書類がめくれずもたもた
 手袋の指先には滑り止め確認
 書類は、結構使い込んでた
・容疑者一覧の巻物は、フェルトのような素材
・どこのシーンだったか?最後の方で、シエルに対し、声を出して笑うセバス
 (後ろを向いて笑いをかみ殺す事は無い)
 ・グレル登場シーン
 曲の後、マチネで客席に拍手を要求→客席拍手
 セバスが両手を広げて拍手を打消し
 (客席では拍手していいのか計りかねていた。シーン的に。前作も拍手が無かったと思う)
 ソワレでは、マチネを受けて会場から大拍手
 嬉しそうに手を振るグレルと、苦い顔のセバス
 ・グレルとセバスの対決シーン殺陣
  くるくる回転多い。顔だけ狙う最後、片手を天にかざすような美しいキメポーズ
  片手側転みたいなポーズでデスサイズ受け止めるシーン綺麗
  ゆんの殺陣は、優雅でしなやか、ダイナミックな印象
 
 
 
 
 
日替り
 
使用人ズの失敗談
・バルドマチネ→味見してたら全部食べちゃった、結局何味だったのかなぁ~?ありゃ
・バルドソワレ→包丁研いでたら、研ぎすぎて無くなった!まぁ、大した事じゃねーけどな!!
・フィニソワレ→チューリップの球根植えたの。なかなか生えてこないから掘り返してみたの。玉ねぎだった!
 
 
アンダーテイカー極上の笑い
・ラウソワレ→小鹿!(四つん這いになってぷるぷる)
・セバスソワレ→これが名物パチパチパンチ?!
・アンダーテイカーマチネ→ツナ缶
アンダーテイカーソワレ→おでん缶
 
 
アバハン
・ハンクスはモテモテキャラに
・両手に女性を抱えて登場
・マチネ→ハンクスが手品を披露。
 アバーラインに手錠をかけ、一瞬で外そうとするが失敗。
 アバーラインに怒られるときや
 取れなくなって慌てるハンクスの表情最高  
 2幕でも手錠の手品に再挑戦。やはり失敗。
 取れない代わりに、ワッフルが出現
 美味し~♪健在
 
・ソワレ→ハンクスがビジネス用語乱用
 オルタナティブのタスクはアジェンダをアサインして、コンセンサスにシェアしましょう(※イメージ
 アバーラインは全くコミュニケーションが取れなくて、ぽかーん
 客席もぽかーん
 
・降りやまぬ雨のソロは、交互に一言ずつ歌って、笑いポイント
 
 
 
セバスのドラマティックレコード
 使用人ズと一緒に踊らされ
 使用人ズ退場後グレルの一言
 
 マチネ→今のところカット!!
 ソワレ→こっちは疲れてんの!!
 
 
 
カテコあいさつ(ゆん)
  
・マチネ→まだ2回目の公演ということで、とても新鮮な気持ちで
演じさせて頂いております
あと38公演、しっかり丁寧に演じたいと思います
満員の客席、応援ありがとうございます
Wカテコの時、ラウ役の荒木君と顔見合わせて笑いながら出てくる
直前なにか話してたのかな?
仲良さそうで、微笑ましかったです
トリプルカテコの時、那由他君に下手からハケるよう指示
「ぼっちゃん、こっち!」って言ってて可愛かった
 
・ソワレ→あと37公演、一公演ずつ頑張ります!
そのためには皆様の応援が必要です!応援お願いします!
(ちょっと空席があったのか?)
トリプルでスタオベ。でも、わりとサラッと終わった
ハケル時に、那由他くんが嬉しそうにゆんに笑いかけてたのがとっても可愛かったです!
 
敬語と丁寧語を凄く上手に使ってて
ここでも上品な印象
公演数を毎回ちゃんと覚えてるの偉い
地声とセバス声あまり変わってない
座長らしい振る舞いでした
 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 
 
ここからその他所感
 
全体感想
2.5次元の壁を越えたな~ってかんじ
エンタテインメントに達したと思う
東宝作品や四季に匹敵するぐらいのレベルまで上がってきたんじゃないかな
(アンサンブルの数や個人の歌唱力は比べたらアレですけど)
脚本や演出も、途中でダレることが無く
OPからEDまで一気に集中して見れた
脚本が上手くて緩急があり、演出も洗練されてるし
音楽やダンスのバランスもちょうど良かったです
規模が大きくなったために
役者個人の細かい演技をじっくり見るというよりは
ショーってかんじです
 
 
梅芸メインホールについて

f:id:remonakku:20151111135736j:plain

赤丸の席で観劇

最前と一階最後尾

音響が素晴らしくて、最後尾でも問題なく聞こえた

最前でも音がうるさくなかった

電子音の重低音がブリブリ響く曲が有ったけど

音割れしないし、お腹にズンズン響くけど耳に優しい

さすがメインホール!音響すごいね

壁沿いにたくさん小さいスピーカーがあって

シネマティックレコードの時、会場中をセリフが駆け抜けるかんじ

あっちやこっちから声が聞こえてきてとても面白かった

 

劇場内にも係員がたくさん配置されており

客に細かく注意してました

通路にはみ出た荷物とか帽子とか携帯の電源とか

制服もピシッとしてるし

教育もしっかりしている印象

 

 

椅子のソファがふかふかで、2時間45分×二回

でもお尻痛くならなかった

ハード面でストレスが無いって良いね

 

最前席は舞台とものすごく近い

1mぐらいしか離れてないんじゃないかな

目の前で殺陣されると怖いぐらいです

近すぎて、役者の演技が頭の上を通り抜けて行くw

衣装など細かい部分までしっかり見られました

 

 

 

チケットについて

 

座席表の青色部分全てS席

2階まで全部Sって事です

S席広すぎ!!!!

最前と最後尾で見たけど同じ値段なんだよ!

音響はどちらの席でも同じ位良かった

最後尾じゃ、ゆんの顔ちっさすぎて見えない

Sで8800円は安いなと思うけど

最後尾で最前と同じ値段だったら不満です

次回からは席の割り振り、もう少し考えて欲しい

みんなもアンケに書いたらいいと思うよ!

 

 

 

観劇にあたって

 

マチネの最前で観てた時、隣りが寝てた~!

目を瞑ってるくらいなら許せるけど

コクコク船漕いでて、すごい気になるし

第一役者に失礼だと思う

全然知らない人でも、トントンして起こしても良いかな?

 

ソワレでは、両隣が観劇のプロだった

・荷物は座席の下

・オペラグラス使用

・むやみに動かない

・手を叩いて笑わない

・前のめらない

・目薬、ハンカチ準備

・携帯電話の電源は切る(バイブ・消音ではなくちゃんと切る!!)

↑これ完璧でした

簡単なようで結構出来ない人多い

最初、左隣がパンフを入れるビニール袋を膝に置いてて

パリパリ音がしてたんだけど

開演前に座席下にしまってました♡ありがとう

パンフを入れるために、本屋さんでもらうビニール袋持ってる人いるけど

アレはカサカサ音がするから劇場には不向きです

あと、荷物を膝の上に置いてる人も多いけど

隣りで圧迫感あるし、途中で重くなるのか、動くとゴソゴソ音するから

ロッカーに入れるか(劇場内だとお金戻ってくるとこ多い)座席下に入れるのがベストです

携帯電話は、何度注意されてもバイブや無音にしてる人いるね

バイブ音は結構音が響くし

カバンの影でケータイチェックしてる人、後方席から凄く見えます

観劇する3時間ぐらい、携帯の電源切れば良いと思う

途中、休憩あるから1時間ぐらいの事でしょ