読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

観劇アレコレ日記

いわゆる「イケメン舞台」についてのアレコレ。

2016.11.03 スカーレット・ピンパーネル 梅田芸術劇場 マチネソワレ 感想 レポ 役者 (ピンパーネル団)

ネタバレ注意

ストーリーの核心どころか色んなところに触れてますので

ご注意ください

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

 

ピンパーネル団の若手6人(ぴろし除く)

扱いがモブです!!!

完全にモブと思って間違いありません!!!!!!

役付きの舞台と思って見ると相当がっかりするのでご注意ください

私は相当がっかりしました

一応役の名前が付いてるんだけど、最後まで誰が誰だったのか

パンフ見ないと名前がわかんないから!

キャラ設定ゼロ

ソロの歌ゼロ

セリフも下手したらゼロに近いのでは?

顔の認識が出来ない位の遠い席で見てたら、役者を識別することも出来ない

衣装のテーマカラーが決まってるのか決まってないのか分かんないから

衣装の色で認識も出来ない

一応「錦鯉ドレス衣装」の色だけ覚えといたから!

推しがいて、見ようと思う人はそこだけでもチェックしてあげて

 

せっかく勢いのある若手6人集めてるんだから

もっと使ってあげてよー

せめて一曲ぐらい「ピンパネ団」のソロ作ってあげてよー

ワンコーラスくらい一人づつソロ歌わしたげてよー

パーシーに命預けてる仲間なんだから

キャラの設定が分かるセリフ一言でも入れてあげてよー

 

もうね、ストーリーそっちのけで一人ずつ追ってないと

本当に分からないから

変装で顔隠してる時もあるし

本当にモブのアルバイトしてる時もあるし

ピンパネ団の時は6人で一つみたいな扱いで

セリフも少なくて、集団だから没個性

扱いが残念すぎてたまりませんでした

 

ピンパネ団がもっと個々で活躍すれば、舞台に色が出るし

深みも出ると思うんだけどなぁ

コミカルな部分や、勇気や友情などの

熱い部分を担当できる集団だと思うのだけど

全然活かされない脚本でした

泣く

 

その分、主役の石丸さん・安蘭さん・石井さんにものすごい負担がかかってて

とってもアンバランスな印象です

 

二回ガン見して、それぞれの識別方法を考えたので

これから見る人は参考にして下さい

 

 あとは、豪華な衣装が盛りだくさんなのに対して

セットがしょぼい
そこもアンバランスな印象
安蘭さんと石丸さんはカテコ用の衣装まであるんだよ

そんなん作ってる金あったらセットもうちょっと頑張れ

カテコ用の衣装素敵だったけど・・・

モブ(ピンパネ団)の衣装も豪華だったので

そこは良かった

でも、ピンパネ団はカラー分けしたらもっと良かったのにな

みんなお揃いだけど、ちょっとデザインや柄が違う

こじゃれた衣装だったけど、キャラの識別が困難でした

 

 

 

矢崎広さん(アルマン・サン・ジェスト役)

むっっっっっちゃ可愛かった!!

忠犬系の可愛さ。柴犬の子供みたい。

ラストの、全員で船で帰るシーン

義兄パーシーと姉マルグリットが幸せそうに抱き合ってるのを

階段の下からうるうるした目で見上げながら歌ってるのが

とにかく可愛すぎた

ピンパーネル団ではあるけど

マルグリットの弟だし、ちゃんとキャラがあった

マルグリットがスパイだと知らずに姉を庇い

義兄のパーシーを敬愛してる

どんなに拷問されてもピンパーネル団の事を話さなかった

強く美しい心の持ち主

そのわりに、脱走中に口を滑らせて

マルグリットにピンパーネルの事をばらすというのは

演出としてどうなのか・・・

ワンコーラスだけだったけど

ソロシーンはとってもとっても歌が上手で魂こもってて

良かった

本当に歌が上手くなった

安蘭さんとのデュエットも美しかった

もう少し聞かせてほしかったなー

 

 

太田基裕さん (エルトン 役)

イメージカラーは黄色

声ですぐ分かるもっくん
結婚式後のクリケットのシーンで
出てきた瞬間に声で分かったww
特徴的な声質だし、よく通ってすぐ分かる
贔屓目になってる事はあるかもしれないけど

コーラスでももっくんの声が聞こえる所が何回かあった

「錦鯉」のとこも可愛かった

ちょっとおバカなキャラだったのかな?

いつもメモ帳を手にしてて、スケジュールチェックしてる
カテコでも何かメモしてた

変装は、釣り人
頭から布をかぶってるけど、それでも声で一発で分かってしまう

ピンパーネル団全体に言える事だけど、もっと出番というか

キャラの設定が欲しかったなぁ
本当にそこが残念

結婚式のダンスシーンでは

上手でパーシーと上口デュハーストが重要な演技をしている中で

他の参列者がダンスをしてるんだけど

踊ってたらちゃんともにグラスを渡され

ダンスの輪からはじき出され

「おやおや、アハハ」と

仕方なしに渡されたグラスの淵を拭いて自分が飲む

という細かい演技してて笑えました

 

上口耕平さん(デュハースト 役)

イメージカラー紺

ピンパーネル団の副団長の位置づけ

のわりに、パンフ見ないと名前分からないほどの扱いの低さ

上口君の見分け方は、キレッキレのダンスと振り

足先の伸ばし具合と、腰の入れ具合が一番美しいのが彼と思って間違いないでしょう

マルグリットの引退公演時のバレエダンサーもやってて

「ピンパーネル団のダンス選抜」の一人
(もうひとりはうえたく)

結婚式のシーンでサンシール侯爵が暗殺された、とパーシーに告げに来て

マルグリットがスパイではないか、とパーシーと二人で疑う

とても重要な役回りであると思えるのに

その後活躍の場があまりない
というか、ストーリーに絡んでこない

残念すぎだ

「錦鯉」衣装では、最後まで着ることに抵抗していた

苦い顔で「仕方なしやで」ってかんじなのに

「男の務め」ではノリノリのキレッキレのダンスを披露w

キレッキレダンスはもう上口君の宿命なのか

イチイチ決めポーズが美しすぎ、キマリすぎてて噴く

あ、あと、錦鯉ドレスの袖に付いた糸くずを苦い顔で払う

って動きをしてて、これはアドリブかと思ったら

マチソワ両方でしてたので、そういう演出なんでしょう

セリフは無いものの、すごく細かい演技してて注目して見てると面白いです

変装シーンでは、パン屋さんになってた

「ぱーん」って言いながらフランスパンで戦うのが笑えました

フランスのタッソーの隠れ家で再び立ち上がるのを決意するシーン

アカペラで歌い出す所があるんだけど

最初がセリフになってて、すんごく難しい曲

マチネでは音程バッチリ決めてきたので

絶対音感あるんだ!?って感動した

ソワレで、ちょっと低くないか?って思ったら

やはり音程が違ってて、オケが入った瞬間に

スンって音程上げてました

あれはとても難しい曲なので歌いこなすのが大変そうでした

 

 

廣瀬智紀さん(ハル役)

イメージカラーは赤

ちゃんともの事を知らない人だったら分からないだろうな

ってくらいセリフが無い

「ピンパーネル団の一人」くらいの扱いでハッキリ言ってモブ中のモブ

本当ーーーーーに残念!

ちゃんともは見分けようがないので、顔を見て探すしかないです

ハルは、どうやら「女装担当」らしく

変装シーンでは花売りになってて

「私とお花とどっちが綺麗?」って言いながら自分のお尻を撫でまわす

とか

「錦鯉」衣装時には一番ノリノリで

ドレスをきて喜んでて、キャッキャしてる

など

面白いキャラ設定があったらしいのに

もの凄く注目してないと気付きません

一階の前列で見てないと分からない細かい演技をしてました

 

相場裕樹さん (ベン役)

テーマカラーは黄緑

ばっちは本当に全然分からなかった

前列でかなり注目して見てても分からん

一回ソロのセリフあったかな?って位

キャラ設定も伝わってこなかった

ギロチンを改造してたのがばっちだったから

フランス隠れ家のシーンで下手でギロチンをいじってる所を注目して下さい

機械に詳しい設定なのかもしれない

でも、これはばっちの事をよく知ってて

前列だったから分かったのであって

3階とかで見てたら分かんないと思う

本当に彼も残念な扱いだった

変装シーンでは何をしてたのか分からず

盲目のおばあちゃんかな?

 

原卓也さん(ファーレイ 役)

イメージカラーは紫?

うえたくも全然目立つところなかった

完全にモブ

しかし!アゴが目立ってて、出てくると

「あ!うえたくいる!」って分かる

うっすらのオーラでもなんとなく雰囲気で分かるアゴ

素晴らしいね

「ピンパーネル団ダンス選抜」の一人

錦鯉のシーンも、これといって目立つところなく

ドレスに呆れてるけど拒否してるわけでもない

マルグリットに「ピンパーネルの正体を教えて欲しい」と迫られるのに

活躍するところも無く

かなり残念なかんじになってました

変装シーンも何やってるのか分からなかったな

盲目のおばあちゃんがうえたくなのかもしれない

注目してると「実はピンパーネル団が変装してるんだよ」って所では

ニヤリってしてたり、細かい演技は入れてきてたけど

前列で彼だけ見てないと分からないと思う

本当に残念でした

 

 

駒木根隆介さん(オジー役)

イメージカラーはピンク

彼は体型に恵まれ、一人だけ背が低くてぽっちゃりしてるので

どこにいてもすぐ分かる

そして声も可愛らしい

錦鯉の衣装のインパクトが凄い

「頭の足りない僕に~」ってセリフが印象的で

キャラがしっかりしてる

ピンパーネル団では一番おいしいところ持っていってた

他のピンパーネル団もオジー位の出番があったらいいのに

変装シーンでは兵隊

 


f:id:remonakku:20161104161010j:image


f:id:remonakku:20161104174714j:plain