読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

観劇アレコレ日記

いわゆる「イケメン舞台」についてのアレコレ。

2017.02.26  舞台 ノラガミ 神と絆 ライブビューイング 感想 役者 オリジナルキャスト

中村龍介さん(敢御 役)

龍ちゃんは漢の中の漢なんだけど

敢御も漢のなかの漢

というか、これ完全に龍ちゃんのあてがきだし

ただの龍ちゃん

チャライ外見でウェーイしてるけど芯はしっかりしてて

自分の身内は無条件で大事にしちゃう

やっぱただの龍ちゃん

 

敢御は今回の悪役で、争いを起こす神

敢御のせいで街にはあやかしが増え、人々は小競り合いばっかりしてる

そのせいで夜トはあやかしを斬っても斬っても減らなくて

いつまでもこんな事してられない、あやかしを発生させる原因である

敢御を退治して事態を収めよう、と考える

というストーリーなんだけど

 

敢御が争いを起こす理由がぼんやりしてて

そういう性分だから、とか

私欲の為、とか?

そのあたりがイマイチ分からなかった

私は

「争いがおきた後には進化が起きる、勝者が理想の世界を作ることで世界が変わる

今は世界が停滞しており、人間は平和を感じる事も出来ない。

争いがあってこそ平和を感じる事が出来る。

世界を変えていくためと、平和を実感する為には争いが必要。

長い間停滞したので、大きな争いが必要である」

という大義があっての行動だと思ったんだけど

脳内補てんかもしれない

多分脳内補てん

龍ちゃんの漢気が溢れすぎてそう感じてしまったと思う

 

敢御にはたいした理由は無く、争いの神だから争いを起こしてただけだったのが事実かも

 

敢御というキャラはとても魅力的で

偶然拾った不幸な身の上の颯丸を道標(一番の部下)にしちゃうし

颯丸が裏切り行為をしていても責めないし

(颯丸が、争いを起こす事に疑問を感じる事が裏切りとみなされる)

自分の神器達は無条件で可愛がるし

最後は自ら望んで夜トに斬られるし

ただの悪役ではないのだけど

行動に疑問というか矛盾があって

どうして颯丸を拾ったのか、道標にしたのか、何をそんなに信頼してたのか

あきらかにされてないし

まず敢御の存在意義が「争いを起こす」だけなのか

大義があって行動していたのか

そのあたりがハッキリしなくで、もやもやした

 

龍ちゃんの魅力的な演技があるので

なんとなく勢いで見てしまうんだけど

キャラの設定に謎が残る所があった

 

それでも「なんかかっこいい」ってなる龍ちゃんの演技力な

ラスト、夜トに斬られて世代交代を自ら選ぶんだけど

死ぬ前の演技でむっちゃ泣かされる

友人曰く「死ぬ前の演技の力技で泣かされる」

ほんと龍ちゃんの演技力技だよなー

色々矛盾あるはずなのに、なんとなく感動しちゃう

やっぱ上手いわ

 

あと、殺陣は最高

拡樹と息ピッタリでダイナミックな殺陣は

今回の見どころの一つだと思います

 

 

川隅美慎さん (颯丸役)

美慎くんははじめましての役者さんでした

とっても良かったです

颯丸がこれまた魅力的な役で

龍ちゃんの演じる敢御を一心に慕い

短命な争いの神、敢御に

長く存在する神になって欲しいと願う

心優しく健気なキャラです

その健気な演技がまた上手くてさぁ

龍ちゃんの漢気溢れる神と、それを立てようとする颯丸のペア感が泣かされるんだ

ペアになって日が浅く、お互いに深く想いあってるけどすれ違ってしまう

遠慮や思慮から距離を取ってて

颯丸が敢御を想うほど傷つけてしまう

颯丸が敢御を想って選択するすべての道が、結局は敢御を苦しめ死に追いやる

でも、敢御は、その結末を自分の運命としてすべて受け入れて

颯丸の気持ちを受け止めてるんだ

そんなん泣くしかないよね

龍ちゃんと美慎くんの演技がとても感動的でした

本当に力技

 

ただ、疑問に感じる部分も多々あり

敢御が争いの神なので、人々を争わせる事に疑問を感じてるような感じてないような

それでも敢御の意志に添いたいために悩んでるような悩んでないような

颯丸がどういう気持ちでいたのか

ハッキリしなかった気がします

敢御が好き!!ってとこは痛いほど分かったけど~

あとは、颯丸の生い立ちも謎

前の主に捨てられたところを敢御に拾われたんだけど

どうして捨てられたのか、その理由が分からない

「災いを起こすので捨てられた、主を不幸にした」(うろ覚え)という言葉があって

どのような災いを起こしたのか具体的に分かんなかった

それで、敢御にも災いをもたらすことを恐れているんだけど

ハッキリしなかったな

なんか、悩んでますってのは分かったけど~

 

それから、颯丸の神器の能力も謎

どういう能力を持ってるのか分からない、って設定だったのだけど

一定時間神器と神を遮断する能力っぽかった

なんでそんな能力なのか、どうしてそういう力を持ってるのかも謎だし

神器は武器(物)になるって根底の設定を覆してるし

まぁ、謎は多かった

 

しかし、そういう矛盾も何となく流して見れてしまうのは

美慎君の演技力なんだろうなと思います

うちに秘めた感情の揺れと龍ちゃんへの想いが溢れてて

すごく心を打たれる演技でした

満足

 

丸目聖人さん(瑞丸役)

丸目くんはとうステに続いて再びこんにちは

いやー、演技のふり幅に驚いた

瑞丸はウェーイなキャラなんだけど

超!ウェーイ!!してる

衣装、豹柄オン豹柄で超着こなしちゃってるし

物事をあまり深く考えない、ちょっとおバカさん

本当に、とうステで蘭丸やってた??

吹っ切れすぎてて同じ人と思えなかった

上手かったわ~

丸目くんは「最遊記」のアンサンブルから存じ上げてるので

役つきでがっつり演技を見られて嬉しかったし

これからも活躍されると良いなと思いました