観劇アレコレ日記

いわゆる「イケメン舞台」についてのアレコレ。

2017.07.17 RENT レポ (マチネ) ③ 宮本美季さん・上木彩矢さん

2017.07.17 マチネ

ネタバレ有。2015年版もほぼ同じキャストで見ているので比較あり

閲覧注意

 

2015年版感想はこちら↓

2015.09.15 RENT レポ (マチネ) ③ 宮本美季さん・上木彩矢さん 

 

 

宮本美季さん(ジョアンヌ役)

宮本さんのジョアンヌは大好き

2015年と変わらないクオリティだった

他のキャストが物凄く伸びた人もいたのに対し

宮本さんは2015年から完成されていたので

それほど変わらない印象

しかし、他のキャストとのパワーバランスの加減か

役の印象は少し違ってました

2015年は、歌の上手さが飛びぬけてて

そのため、ものすごいやり手のキャリアウーマンって印象でした

マーク役の良大くんとのデュエット【Tango Maureen】も、

ジョアンヌがかなりリードしてるかんじで

マークがタジタジ、でも負けない!僕の方が機会に詳しいんだから、ってかんじでした

2017年では良大くんの歌唱力が飛躍的に向上していたので

ジョアンヌがマークに対して

「厄介な元彼が出てきた」って思ってそうでした

機械に詳しいし、付き合いの長い元彼と

ハイソでキャリアな今カノがモーリーンを取り合うって構図が際立っていて

2015年版も、2017年版もどちらもとても面白いシーンでした

セリフも演出もキャストも変わって無いのに

こんなに印象が変わるもんだなってとても感動しました

宮本さんが、良大くんの成長に合わせて役作りを変えてるのかな~?

 

【We're Okey】

宮本さんの歌唱を堪能できる素敵な一曲

2015年と印象変わらず

面倒くさそうに歌ってるのに漂いまくる余裕

途中に挟む演技もとてもいい

プロ中のプロの技術を堪能できるナンバーでした

 

【Take Me or Leave Me】

レントの中で一番好きな曲です

これは、モーリーン役の彩矢さんの役作りが影響してるのか

2015年の方が圧倒的な印象でした

2015年は「この曲は1日に1回歌うのが精いっぱいだろうな」

と感じるくらい、ものすごくエネルギッシュでパワフルだったんだけど

2017年では「いい曲だな~」位のエネルギー量でした

中日のマチソワのマチネだったので、セーブしてるのかなぁ

悪くは無かったんだけど、2015年に感じたような圧倒的な印象では無かった

2回目という事もあって、期待値が高すぎたのかもしれません

宮本さんの歌声の素晴らしさに変わりは無かったけど

二人のデュエットとしての印象は2015年が上かなぁ

あと、モーリーンとジョアンヌの関係性が対等な印象だったので

「私と付き合えるんだから感謝して」って

反論しだすジョアンヌに意外性は無かった

うん、ジョアンヌもいい女だもんねってかんじでした

 

上木彩矢さん(モーリーン)

2017年と2015年で役作りを物凄く変えてきてた!

ビックリしました

2015年は、クレイジーでぶっ飛んだ変人アーティスト。超☆ロック!!っていう印象

こんな人絶対いないだろう~どうしてマークと付き合ってたんだろう?

って思うようなすんごいキャラで

下品だし、猛々しいし、髪赤いし、コメディっぽいし、映画版のイディナとも全然違うし

なんか凄い!ってキャラだったの

2017年では

なんか凄く丸くなってる!って思いました

意図してのキャラ変更と思うけど

ちょっと日本のアイドルっていうか

媚びというかぶりっこっぽさがそこはかとなく漂ってて

モーリーンに甘えたり、言うこと聞いたり、拗ねたり

現実味のある人物というかんじ

自分の魅力を分かってて、それを使うんだけど

なんていうか「可愛く見せよう」ってかんじかな

日本人的なアピール方法に変わってました

 

原作のモーリーンってアメリカ人なんですよ、当たり前だけど

だから、自分の魅力のアピールの仕方もアメリカナイズで

「セクシー、自信満々、パワフル、エネルギッシュ」

ってかんじなの

2015年版はそれとは多少違ってたけど、

日本っぽいキャラではなくて「こんな人現実にはいないわ」ってかんじさせる

違和感が劇中の人物っぽさを出しててとても良いと思ったんだけど

2017年版は「この位ならいそう」ってかんじのキャラでした

マークやモーリーンにも媚びる媚びる

小悪魔っていうか・・・うーん小悪魔ともちょっと違うか

少し小物感があったかな

丸くなったというか

 

あと、やっぱり髪は長い方が良かったな

2017年モーリーンはボブに赤メッシュで

さっぱりした風貌です

モーリーンは長くて綺麗にカールされた髪をバッサバッサしながら

かっこいい系セクシーさを存分に振りまいてほしかったなぁ

この辺は、もう個人の願望なんだと思うけど

 

 

その風貌、キャラ作りが全体の作品にも影響を与えていて

キャラクターが際立ってた2015年に比べて

2017年は沈んだというか、そこまで際立ってはなかったかな

ちょっともったいない印象でした

ミミもセクシーでパワフルなキャラなんだけど

ミミは「女性らしさを前面に出したキュートなセクシーさ」

モーリーンは「自信満々でパワフル、凛としたセクシーさ」

という対比があった2015年の方が好きでした

全体的なバランスとか、演出家の意図とか

そういうのがあったのかもしれないし

2015年と2017年で同じキャラクターなのに

演技を全く変えてきたのは素晴らしいと思う

私は2015年版モーリーンが好きだったなという印象です

同じ人が演じてるのに、こういう印象を持つということ自体が素晴らしいと思うので

そこは評価したいと思うし

個人の好みだと思います

 

【Over the Moon】

意味不明な一曲というかパフォーマンス

自分の物にしてるっていうか

「歌いなれてる」感がありました

客の煽りも上手かったしね

 

【Take Me or Leave Me】

パワフルなのは2015年と変わらないけど

エネルギーは落ちたかなぁという印象でした

良かったけど、2015年に感じた強烈な印象を上塗りするほどではなかった

あと、宮本さんがとても魅力的で

彩矢さんが小物感だった為

ジョアンヌが「私と付き合えるんだから我慢して」と反撃するとき

「ですよね~」ってなった気がする

 

モーリーンとジョアンヌの関係性について

二人の関係性はキャストによって全く違うので

そこが面白いし見どころの一つ

2015年は

ジョアンヌ>>モーリーンで、ジョアンヌが上の印象だったのだけど

2017年は

ジョアンヌとモーリーンが対等な印象

オリジナルがそういうかんじだから、原作に忠実になったといえばそうかも

映画版は

ジョアンヌ<モーリーンで

モーリーンにジョアンヌが振り回されてるかんじだから

それまで圧倒的にわがままだったモーリーンに

【Take Me or Leave Me】でいきなり

「私だって魅力的なんだから」と言い出すジョアンヌが面白かったり

ブロードウェイ版では、ジョアンヌはふくよかな女性が演じることが多くて

「頭脳優秀だが外見的にはあまりイケてない人物」が

「私と付き合えるんだから我慢しなさい」って言い出すのが面白いんです

 

 

奇跡的に2015年のWキャストと全く同じキャストで見れたので

座組みの進化というか

2015年と色々比べられたのはとても幸運でした

 

 
f:id:remonakku:20170730161426j:image