読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

観劇アレコレ日記

いわゆる「イケメン舞台」についてのアレコレ。

2015.06.17 眠れぬ夜のホンキートンクブルース第二章~飛躍~ レポ その②

ソワレカテコ

カテコで一同「ありがとうございました!」とお辞儀してからの一同「あれ?」
水木さん、わざとらしく「ちょっとまったー!忘れてた~!!!」

ハッピーバースデーソング流れる。邦子さんがケーキ持って登場。
鯛ちゃんのバースデーサプライズ。

鯛ちゃん「もう、カテコの途中からいつサプライズされるんだろうって、ソワソワしちゃってww邦子さんいないし、いつ始まるのかなって。そしたら終わっちゃうし・・・ww」

 

カテコ挨拶

邦子さん「水木さんの台本はシリアスシーンに笑いをブチ込んでくるから、気持ちを作るのに苦労したんですけど、イケメンがいっぱいいたので頑張れました。舞台の裏狭いんですけど、生着替えでね。みんなパンツ一丁なんですよ。でもね、舞台裏って暗いの!!!!」

関西ということでちゅんと理人が挨拶。

理人「今日は親や友達が見に来て下さって・・くれて?大阪で仕事できるのが嬉しいです」(ここでもかみっかみ。あまりに言葉がたどたどしいので)
水木さん「お前、日本人だよな?」

 

 

--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

以下感想

 

舞台っていいな!楽しいな!!と思える作品だった。

キャラクターも立ってたし、キャストも贅沢に使ってるな、という印象。

歌あり、踊りあり、何より笑いがたくさんあって、最初から最後まで笑いっぱなしだった。

舞台の楽しみが、ぎゅっと詰まってました!!

 

脚本は、ちょっと納得いかないところがあり、感情の収集に説得力がないなと感じたけど、全体に勢いがあるので、気にしなければ楽しめた。

鯛ちゃんが号泣するシーン。私は感情移入出来なかったので「え??こんなんで泣けるの!?はぁ??」ってびっくりしたけど、一緒に見た相方は「あの短時間で、泣けるまで気持ち作るのすごいな」と言っていたので、とらえ方は人それぞれなのかも。

 

笑いの多い内容なのに、題材が「幼児虐待」というのも、少し引っかかるところ。

子供を手放した理由は、もう少しライトなものにすれば、もっと楽しく疑問を感じずに見られたのにな~と感じた。

 

ジョジョメン5が交代で、浜子さんを世話するシーンはとてもテンポが良く、一人一人のキャラがイキイキして上手い演出だと感じた。

鯛ちゃんが浜子さんを苛めるところも、二人の演技がすばらしくて好きなシーン。

個人的にずっと生で見たかった佐伯さん(黒執事のエリック)が見れたのもうれしかった。

 

津田さん・・・王子さま。歌声が素晴らしくて、ずっと聞いていたかった。もう一曲歌って欲しかった。鯛ちゃんが泣く所、役としては納得できなかったけど、王子が目の前で見つめながら歌ってくれたら私も感動して泣くかも、と思った。

 

拡樹・・・水プロの新しいミューズ。前回のドSキャラは無理があったけど、今回のビジネスSの設定はとても良かった。ゾディアックでイキイキしてて顔芸健在。

 

たー・・・個人的に衣装がドストライク。ジーンズにグレーのジャケットがすごく似合ってた。浜子さんを世話する時、邦子さんの足に挟まれて焦るところが毎回超可愛い。

 

理人くん・・・役と中の人がぴったり。ラブ&ピース。今回初めて見た役者さんの中でイイナ!!って一番思ったのは彼。声も通るし、ダンスも綺麗だし、表情もふんわりしてた。カテコやアフタートークで中の人が日本語不自由だったのも、キュートだったw

 

佐伯さん・・・個人的に凄く見たかったので、満足。コロコロ変わる表情がキュート。スーツがすごく似合ってシュッとしたスタイル、歌の時のスナップする手の角度がセクシーな人だな、という印象。しかし、相方に言ったら「エリック補正ww」と指摘されたwwwエリック補正なの??www

 

ジョジョメン5・・・この辺は、キャスト的に手を抜いてもイケそうなところだけど、今話題の若手を使ってて、贅沢だなという印象。

出番は少ないけど、全員のキャラが立ってて、無駄遣いにはなってない。のんのがヲタクの設定もすごく活きてた。るいとくんの東北キャラ・増田くんのエロいキャラも前回に引き続きで

分かりやすかった。