読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

観劇アレコレ日記

いわゆる「イケメン舞台」についてのアレコレ。

2014.10.24ソワレ .25マチネ 舞台弱虫ペダル 箱根学園篇~野獣覚醒~ レポ

 

 

 

 

(他所に散在していたものを転記)

 

 

全体の感想とレポ

新開さんが何度かあんパンモグモグするんだけど、回を重ねる毎に食べる量が減ってるような…ww

舞台の上でセリフ言いながら飲み物無しであんパン一個食べるんだよ?
口のなかの水分どうなってるんだろww

あんぱんモグモグするシーンは2回、どっちも食べかけの状態で出てくる。最初はレースしながらだったかな。呑み込めなくてほっぺの端に入れてセリフ言ってた。飲み物無しで舞台上で食べるの大変そう。公演が終わるまでにあんぱん嫌いにならなきゃいいけどw

24日は普通のあんぱん(上にゴマが乗ってそうなの)で25日マチネはなんかクリームパンみたいに上が白いやつだった。24日は舞台上で全部食べ、25日マチネはハケながら口に入れてたけど、25日ソワレは半分ぐらい残ってた。日に日に食べる量が減少w

 

OPどあたまでピンスポが顔ではなくリーゼントの先から当たる。照明さんとヘアメイクさん、ヒロキの夢のコラボwww

真鶴のレースシーン。最初のカメラワークが最高に美しい。特に2階から見るととっても綺麗。ファーストOPの時みたいに中心にヒロキとえーじさんがいて、周りを他の人がグルグル回る。

 

部室で荒北がタイマーを破壊するシーン。25日どっちかで、タイマーが鳴ってもヒロキが台からなかなかたどり着かなくて、しゅーとの方が早くタイマーに着いてしまい、一旦タイマーを覗きこんで首をかしげながらそーっとタイマーを押す仕草をして芝居引き伸ばしてた

他の公演では、タイマーを押そうとした瞬間に荒北が来て「ビクゥ!!」てなってたから、多分ヒロキが疲労して足が出なかったんだと思う。それをしゅーとがフォローしてたんじゃないかな

 

 

 

24日日替わりなど

OPで福がボトル休憩に入るシーン。出てすぐにえーじさんがボトルを落とす。秋人君がすぐに拾って渡そうとするもカメラワーク中なので手が届かず、お互いに手を伸ばしあいながらグルグル動く。何とかキャッチしたえーじさんがすぐにボトルから飲む。

しかし、他の公演ではカメラワーク中に福富が飲みながらセリフを言ってたので、多分アドリブでカメラワーク後に変えたんだと思う。ドリンクを飲む「ゴクゴク」ってSEもその場で瞬時に変えて合わせたんじゃないかな。

 

 

25日マチソワ日替わりなど

25日ソワレはヒロキの疲労が蓄積されたのかローラー台(に見立てた台)から何度も踏み外し、最後には台から降りて前で漕いでた

 

25日ソワレ日替わり。 レース会場の整備員直也さんが台を移動させる時、重くて持ち上がらないので「バイトの(新人の?)宮崎君」を呼ぶ。黄色のジャンパーきたしゅーとがめっちゃ笑顔で登場。「差し入れですっ!」ってポケットからハッピーターン出して直也さんに渡す

「これ、ハッピーになるやつね」とか言ってたような。ちゃんと包み紙に入ってた。カメラ目線で「アイムハッピー」からの「もう一個ある」って2個出してた。

台が重くて持ち上がらないマイムをしていた直也さんだったが、宮崎くんは軽々持ち上げてものすごい笑顔で上に走っていった

台運ぶ日替わり。24日「2階の喫茶店で見てる皆さん」25日「ガズゼリヤ」。なんかそれっぽい大手外食チェーンの名前をもじってた。

 

25日ソワレ。真鶴レース後に自転車から転げ落ちる荒北。ハンドルを勢いよく投げすぎて舞台下に落下。観客一同息をのんでどうするか見守っていたが、しゅーとが自然な演技でそのままどんどん続けていって、本来ハンドルを拾う(自転車を起こす)タイミングで舞台からストンと飛び降りて(新開さんのまま降りてったかんじ)回収し、お客さんに「すいません」と一礼してから舞台にまたぴょんと飛び乗って芝居続けてた。舞台中央位の席でも!!!!ってなったから、目の前の人はすっごく驚いただろうな。その驚きが秋人くんにも絶対分かったと思うし、どうしようって感じたと思うんだけど、全く顔に現れずにのんびりセリフを言ってた。そのせいで、あ~秋人くんがなんとかするんだろうな、ってこっちもだんだん安心して見られた。結構な時間舞台下にハンドル放置されてたんだもん。

そのせいか、25日ソワレは倒れながら最後までハンドル握りながらワンバウンドさせながら落とす、に変えてた。放り投げる方が倒れる勢いは感じて、ワンバウンドするマイムはスローになるイメージかな。どっちも良かった。

最初のレースで泉田が「どっちもプロテインでした」ハンドルを肩にかけるの「まさしハンドル?」24日25日ソワレボトルキャッチ出来ず「あっ!あっ!」といいながらスロープ下まで拾いに行く。25日マチネ「ナイスキャッチ!!」

マッスルチェックフランク。25ソワレ。ずっとエヘエヘ言っててセリフ言わないのでアンディに「ねぇあんたっちょっと大丈夫?」って何度も言われる。結局黒田のマッスルはどうだったのか報告なし

 

マッスルチェック25日マチネ。フランク話しながらあさっての方向を(2F下天井あたり)みつめ途中でセリフ途切れる。フランクは泉田の根幹を支える事ができてるんだろうか?

「左大胸筋にはそのうち名前を付けましょう」フランクの衣装を両手でぶるぶるさせながら一瞬出てくるえーじさん。次の瞬間は福富で出てくる。

G兄弟。上にはける時「おにーちゃーん!!!」って叫ぶ。お兄ちゃんは玉ちゃんかな。次の瞬間、新開東堂で出てくるから、あのゼッケンはものすごく簡単に外せるように出来てるんだろうか。

泉田アンディ。泉田の事を「パパ」呼び。25ソワレでは荒北に「アラキタトモダチ・・・?」と話しかける。荒北めんどくさそうに「ああ、トモダチ!」と答える。福富はアンディの側までいってじっと見つめるので「福ちゃんなんか見えてるの?」とつこまれるがフランクにはならず。24日は一瞬フランクになったような?

 

25ソワレカテコ。関西出身ということでえーじさん。最初に「3分ね!!」と時間指定される。「じゃあ座ろうか」と座りだすキャストも(その後立ちました)なんかいい事を話し出すが、直也さんとちゅんちゅんがコソコソ話ししだすし、隣でしゅーとが手をクルクル回して「巻き」のジェスチャー。客席にも「やってやって」と口パクで指示。観客がえーじさんに向ってクルクル。なおやさんが「お客さんに巻き出されてますよ!!」と突っ込まれる。

 

 

 

 

 個人の感想

 

秋人くん…抜群の安定感。ヒロキとえーじさんを下から支える。中学生、高校生、鬼と演じ分けがすごく出来てた。鬼のスイッチ入ると表情もペダルフォームもガラリと変わる。スローのペダリングはハンドルが床に着く位深くて、漕いでる時は荒々しい。普段の走りはしなやか。全てにおいてキャスト支えてた。EDのダンスキレッキレでした。

 ヒロキくん…ずっと漕いでる。でずっぱりでずっと漕いでるから必死。舞台にいる時ほとんど漕いでる。いつもは舞台上でも余裕がありそうな雰囲気だけど、今回は必死。その必死さがヒロキくんと中学生荒北と混ざってグッとくる。鬼気迫るってこういう演技だなと。高校生荒北の時は落ちついて見えるのはさすがの演じ分け。

えーじさん…ヒロキの隣で一緒に漕いでるから必死だがヒロキを引っ張ってる。福富がいた。原作の福富がいた。いつも後ろで控えてる福富が、必死に荒北引いてるんだよ!汗凄いし、ヒロキの前で漕いでるの見たら泣けたね。えーじさんが必死でフラフラしてて、演技なのかリアルなのかほんとに分からなかった。それぐらい凄かった。

みんなにペットって言われる愛されキャラのえーじさんじゃなかったわ。その反動か、フランクの時はいつも以上にイキイキしてた。
ヒロキにデハケ教えてもらってたえーじさんが、ヒロキ引いてるんだよ!泣ける!!

きたむー…しゅーとと一緒に二人を支え、自分の見せ場も輝いてる。東堂オンステージのポージングが最高に美しかった。ペダリングも同様に美しくて、スリーピングクライム全然ぶれない。きたむーの東堂完全に作ってた。コメディ要素も出してきて、前作より成長したなって感じた。

植ちゃん…真波安定の可愛いさ。もう職人芸。カンパニーでは新しいメンバー、特に秋元君引っ張ってるかんじ。しゅーとくんと同様、みんなに力を与えてた。

たー…猛獣使い。あらゆるスパイスぶっこんでくる。 素晴らしい瞬発力でレースシーン魅せる。泉田が入ってくると一気にレースのスピード感増す。演技では、安定のアンフラいじり。中学生と高校生の演じ分けもさすがでした。中学生の泉田純粋でまっすぐで可愛かった!!

みつぅ・・・独特の存在感で全体を締めてるかんじ。後姿が完全に御堂筋だった。モブでちょこちょこ出てくる時はさすがのみつぅ節で最高にキュートだった。みつぅはやっぱ別格(確信)

桝井君・・・オンステージ。一人京伏。自動販売機職人芸。セリフの聞きとりやすさプレイスレス。さすがの芸歴、小声で話しててもはっきり聞こえるセリフ。一人芝居も凄くて京伏の不安定感を一人で演じ切ってた。モブは安定の可愛さでした。桝井君の自動販売機は職人芸になりつつあるな。