読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

観劇アレコレ日記

いわゆる「イケメン舞台」についてのアレコレ。

2016.11.03 スカーレット・ピンパーネル 梅田芸術劇場 マチネソワレ 感想 レポ 石丸幹二さん 2

スカーレット・ピンパーネル 観劇レポ

石丸幹二さん (パーシー・ブレイクニー 役)

石丸さんの存在感凄かった

歌の包容力素晴らしく

主演の貫禄はダダ漏れ

演技も安定

キュートな演技は可愛らしいし

変装時は最初分からない位の化けよう

衣装もキラキラ王子様から、老人まで着こなしてるし

「錦鯉ドレス」をあんなに着こなせるのは石丸さんのオーラがあってこそ

歌の方は

ソロが多く、1公演中でこんなに歌って、喉大丈夫なのかしら

と心配するほど歌う場面が多い

でも、どの歌も本当に安定してて素晴らしい

石丸さんの声は

温かみがあって、包容力のある声質

ビブラートも美しくて優しい

陽だまりみたいな、春の陽射しみたいなそんな

癒されて優しい歌声だと思います

その優しさが、パーシーの憎めない雰囲気を作ってるように感じました。

そして、舞台に出る回数、変装が多くて

負担が凄く多そうな印象

W主演でやらなきゃ一日2公演なんて無理そうな出番の多さ

最後にはフェンシングでの大立ち回りまであるんだよ

OPからEDまでとにかく大活躍

「スカーレット・ピンパーネル団」とはいうものの

常にパーシーが中心であり

「パーシーとその仲間たち」って言った方がいい

ピンパネ団にもう少し分散しても良かったんじゃないのかなあ

 

イギリスの物語が進んでいく中心にパーシー

ピンパネ団の展開にもパーシー

革命政府(フランス側)のベルギー人もパーシー

とにかく話の全てにパーシー(石丸さん)が絡んでて、休むとこあるのかな

って心配になるほどだった

たくさんの変装や演じ分け、歌など盛りだくさんで

石丸さんオンステージの印象だけど

疲れも見せずに歌はどれも素晴らしかった

特に「君を側に感じる」(仮)のロングトーンは圧巻

伸びやかで優しさに溢れてて素敵でした!

2公演目のソワレでもすこいパフォーマンスだった

 

ただ、パーシーのキャラに疑問が残りまくりで

感情移入出来なかったのが正直な印象

石丸さんの演技がどうとかじゃなくて

これは脚本の問題だと思う 

そこが残念でした

石丸さんはとても魅力的だったのに、キャラがイマイチだったなぁー

 

 

以下、キャラと脚本の個人の感想及び疑問

まず、マルグリットとの結婚への経緯

OPですでに二人の結婚が決まっていて

マルグリットの最後の舞台を観に来ている所から始まる

出会って6週間で結婚したというのだけど

マルグリットの何が気に入ったのか

描かれてなかった

6週間で彼女の何を知っているんだ、とデュハーストに問い詰められても

何も答えられない

「彼女は何者なんだ、自分が思ってた人間と違うのか」

みたいな曲を歌う葛藤のシーンがあるのだけど

「ホントに何見てたんだよ??」て感じてしまった

 

次に、マルグリットがスパイだと確信してからの態度

愛してた妻が、実はスパイで

友人のサン・シール侯爵の処刑に関わっていたと知ってから

マルグリットを遠ざけて、話もせずにかわすばかりで

のらりくらりとしている

ピンパネール団の事を知られないようにしているのだが

中途半端

スパイだったとしても愛してるなら

もっと苦悩するシーンがあってもいいと思うのだけど

そういうかんじも無く

スパイだから愛が冷めたというかんじでもなく

つかず離れずの飼い殺し状態

こういう態度を見るにつけ、マルグリットの何が良くて結婚したのか疑問

マルグリットに真相を知られると密告されるからなのか

それならもう少し緊張感があってもいいと思うのだが、無い

マルグリットが真実を知って、危険な目に合うのを避けているなら

そういうセリフがあってもいいのに、それも無い

 

そして、ウェールズ公でのダンスパーティーの時

マルグリットの告白を受けて

再度マルグリットへの愛を確かめるパーシー

正直「はぁ?」ってかんじ

自分でマルグリットに冷たくしておいて、都合良すぎない?

その後の「マルグリットへの愛を再認識したよ」の曲(仮)

石丸さんの歌は素晴らしく感動的なのだけど

泣けるぐらいには良かったけど

パーシーに感情移入できないから

全力で受け止めれなかった・・・悔しい

「あんなに冷たくしておいて今更なんだよ、自分勝手だな」

てパーシーに思ってしまうので浸れなかった

ただ、歌は素晴らしくて

石丸さんが歌ってる、って思ったらもうそれだけで泣けるぐらい

尊かったです

特に最後のロングトーンは圧巻でした

 

次にパーシーのキャラそのもの

「普段はバカを演じてるが、実は切れ者」

って設定らしいのだけど

その役の設定が曖昧で

切れ者ってのがあまり分かんなかった

「僕らは知恵で戦うのだ!!」

って言ってるけど、綿密な計画を立てているわけでも無く

わりと出たとこ勝負な気が・・・

それから、ピンパーネル団の他のキャラが全然説明されてなくて

活躍してるようなんだけど

勝手にやってる印象

パーシーが指示してやらせてるんだけども、

君はこれが得意だから、こういう風にやったらいい

というアドバイスも無く

どうしてパーシーを中心にピンパネ団が集まってきたのかも謎

結婚パーティーにたまたま来てた友人の集まり

みたいに見えてしまった

命を賭けて秘密を共有する仲間の絆が見てて全く感じられなかった

 

ショーヴランがたびたびマルグリットとコンタクトを取っているのに放置

そこに関しては、何か疑問に思うとか

確信に変わるとか、思う所があっても良くない?

マルグリットとショーブランが庭で密会してる時も

知っているくせに

ぶらぶらしてて、ほんと何してんの?ってかんじ

二人を監視してるわけでも無かったし

ショーブランの前ではバカを演じてたけど

その後に、切れ者の顔に変わる、みたいなとこも無く

中途半端なんだよ~

そう、あと、この三人のシーンでは

無駄なお笑いが長く続き

マルグリットがキャラ崩壊して二人を止めるという謎の演出

マルグリットには切れ者の部分を見せていないようで

どうしてマルグリットがパーシーを好きになったのか

そこも疑問だった

 

パーシーのキャラがぶれっぶれなので

感情移入出来ない所が多すぎたのですが

 

石丸さんだったからここまで保てたのかもしれない

石丸さんは本当に素晴らしくて、圧倒的で

包容力凄かったので

逆にその他の色々残念な所が目立ちました

2016.11.03 スカーレット・ピンパーネル 梅田芸術劇場 マチネソワレ 感想 レポ 役者 (ピンパーネル団