読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

観劇アレコレ日記

いわゆる「イケメン舞台」についてのアレコレ。

2015.06.17 眠れぬ夜のホンキートンクブルース レポ その①

マチネカテコ(椎名鯛造くんサプライズバースデー)

カテコで全員でお辞儀をしている途中で、キャストが「あれ~?今今!!」と騒ぎ出す。

一番下手の水木さんがわざとらしく「忘れてた~!!」

会場にハッピバースデーの音楽が鳴る。

上手から邦子さんがケーキを持って登場(ホットケーキ?に29のローソク)

鯛ちゃんのバースデーサプライズ。会場合唱。

邦子さん「会場の関係でローソクに火は付けられないけど、フーして。キスの顔に似てるから」

鯛ちゃんが会場全体に見えるようにふーふーふー!!と吹まくる。

下手から水木さんがプレゼントを持って登場。

鯛ちゃん「開けていいですか?」
29歳からの本?(自己啓発本みたいなのかな)が2冊

鯛ちゃん「今日から使います!でもこの前の拡樹の時は3冊だったね」
水木さん「30歳からのは3冊あったんだよw」
鯛ちゃん?「30だからね!増えるんだねww」

 

野久保さんと塁斗くんが「武田鉄也のモノマネで森のくまさん歌います」
その後ろでセットのソファーに頬杖付いて顔だけ出してニコニコ見てるヒトシさんがとっても可愛かったです。

 

 

マチネ後アフタートーク

メンバーは下手から席順でMCの津田さん、鯛ちゃん、拡樹くん、理人くん、ちゅんちゅん(鳥越裕貴さん)

津田さん「今日はノープランだから。その方が良い事もあるでしょう?wなんか聞きたい事あるかな?楽屋での事とか。」

鯛ちゃんとちゅんが「あ、さっき!」「え?あれ?」などとわちゃわちゃ騒ぎ出す
津田さん「何?なに?」
鯛ちゃん「あ~あのね?」 
津田さん「・・・・・あのね?今、あのねって言った?」
ちゅん「先輩に向かってあのね?」

 鯛ちゃん「あーwいや、違っ!」

顔の前でぶんぶん手を振って否定。
ひとしきりわちゃわちゃした後

鯛ちゃん「さっき、カテコで皆が歌歌ってる時ですよ。耳もとで裕貴がなんかちっさい声でボソボソ言ってくるので、凄く集中して耳澄ませて聞いてみたら

誕生日おめでとう!って言ってくるんですよ!」
ちゅん「なんやなんや!いい後輩やんけ!」
鯛ちゃん「え!だって「今?!」ってかんじじゃない?」

 

津田さん「今だから言える失敗とか?」

ちゅんちゅん「一度スマホを使うシーンでスマホを持って出るのを忘れてしまって、どうしようもないから(衣装の)ストールをこうやって(裾を折り曲げて手に持ちスマホに見立てて)シュッシュって・・・」

一同「あーww」

隣で理人くんが同じようにマネして確認する。

 

理人くん「僕はね、小さいのはたくさんあるんですけど、かけるに「寝てますか?」っていうところで噛んじゃって」

(すでにこの説明中にカミカミww「寝てますか?」が「寝てました?」に聞こえて他キャストに何度も聞かれたり、ツッコまれる)

「あれ、いつの公演だっけ?東京?あれ?おととい?」

一同「え?え?」
ちゅん「おとといは舞台してないからww」
理人「セリフの痴呆、って言葉が飛んでしまって。その時「アルツハイマー」って言葉が浮かんで「あ、あ、あっ・・・痴呆」って凄く「あ、あ、」って言っちゃった」

他キャスト「あーwあったね」
津田さん「あれ?そんな事あったかな?全然気づかなかった!」
他キャスト「津田さん舞台上にいましたよね?」

他キャスト「え?津田さん寝てました?ww」
津田さん「寝てたのかなwwでも噛んだらいけないって事でもないしね。それをどうフォローするかって事だから。他のキャストとかでもね」

 

鯛ちゃん「出る時に裕貴のセリフがきっかけのところがあって、そのセリフを聞いたら舞台上に出るんだけど、一度凄く集中してて、頭の中でセリフの確認をしていたら、聞き逃してしまって」
ちゅんちゅん「そのセリフの後に振り向いたら鯛造君がいるんだけど振り向いたらいなくって・・・」
鯛ちゃん「裕貴がアドリブで芝居伸ばしてくれてて」
ちゅん「なぜか関西弁で「めっちゃ尊敬してますわ~」とか言ってしまった」(関西弁の役ではない)
鯛ちゃん「出トチってしまったので、ちょっとあわてて怪我した方の足の怪我が物凄く大きくなった」

(大げさに足を引きずる芝居をする)
津田さん「大きいリアクションでカバーしちゃったんだwえーーでも全然覚えてないなぁ」

一同「津田さん舞台上にいましたよ!寝てました?」

津田さん「拡樹は?」
鯛ちゃんとちゅん「拡樹はミスしないんだよ!!」「そうだよ!!」

ちゅん「あ!そうだじゃあね、良い事教えてあげる。開演前にお客様が拍手して下さるじゃないですか。その時ね、拡樹くん、舞台袖で客席に向かっておじぎしてるんですよ!」
会場「おおおー」
ちゅん「ね?ね?いい話でしょう!?(得意げ)その拡樹くんをね、ぼくがこうやって拝んでるの」

津田さん「それなんかもう仏様みたいだね」

 

津田さん「最後に全員から一言」


理人くん「(役のセリフにからめて)皆さんが笑顔で見てくれるので、日々平和になってるなと、ししししと・・・(噛む)」
ちゅん「え?え?w」(即座にツッコむ)「お客さんに向ってしーしーって何やねん!」

理人くん「ひ!し!ひ!し!と。ひしひしと感じております。今日は皆さん、おつかれさっ・・・あ、ありがとうございました」 

ちゅん「お客さんにお疲れ!ってwww!!」
会場爆笑

 

 

ちゅん「地元大阪に来られて嬉しい。友達も見に来てくれて「ちゃんと仕事してるな」って言ってもらえた。一発ギャグやりまーす!みんな笑って下さい!!」

通路上の上手席(関係者がいたのかも)に向って「あなたーの顔にねらーいを決めてベンザブロック♪」(言いながら客席にお尻をプリっと向ける)

 

鯛ちゃん「29歳になって、これからもお芝居と共に生きていけたらいいなと思います。応援お願いします」
拡樹「これからも応援お願いします」
(この二人は真面目な事言ってたのであまり印象にない)

 

津田さん「そろそろ時間もないので・・・この後ロビーでお見送りしたいと思ってますし・・・」(言いながら腕時計を確認)
キャスト一同腕時計を見る。

理人くんも左手の腕時計を確認している様子。しかし、ちゅんに「お前腕時計してないやんけ!」とつっこまれ「いやいや、してるってかんじでwwwそこ見ないで!」というようなやり取りを小声でしている。