読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

観劇アレコレ日記

いわゆる「イケメン舞台」についてのアレコレ。

舞台 ノラガミ 「神と願い」 DVD 感想 

観劇レポ 舞台 ノラガミ 鈴木拡樹

2017年 神と絆 感想はこちら

2017.02.26 舞台 ノラガミ 神と絆 ライブビューイング 感想 役者 

 

初見の感想は「まぁまぁ面白かった」です

ストーリーがしっかりしてるし、キャラも魅力的で

拡樹くんの殺陣も見事

ただ、原作のスタイリッシュさは表現しきれてなかったなー

頑張ったけど、イマひとつってとこかな

プロジェクションマッピングの演出は面白かったし

ライトの使い方とか、神器が一緒に戦う時の表現は工夫されててスゴイと思った

舞台のオリジナルキャラも魅力的だったので

舞台としては、しっかりまとまってたと思います

ひとつ物凄く残念なところがあって

アニメでは、夜トがあやかしを斬るときにキメ台詞があって、唱えながら神器に力を込めるのね

「とよなかはらの~」ってところ

戦隊ものとかで毎回はいる技の口上シーンみたいなのなんだけど

なぜか不思議な演出に

ここ、ヒーローショーのキメ台詞みたいに

時間とって最大の見せ場にしてくれたら良かったのになー

拡樹くんなら絶対カッコよく演じると思うんだよね

なぜか、他の役者のセリフ被せてて

夜トがブツブツ口の中でつぶやくって演出なの

アニメでもとっても好きなシーンで

BGMの「ラッタンノー」ってのも耳に残る曲なのに

なんであんな演出にしちゃったんだろう……

OPで雪を召還するところは良かったんだけどなー

今回は初演なので、今後洗練されていく事を期待!

 

 

小福・大黒ペア

毘沙門・兆麻ペアはなかなか良かったのだけど

主人公の夜ト・雪ペアがイマイチ・・・

女性陣はみんなとても良かったです

大黒、頂麻、小福、毘沙門の再現率はレベルが高かったと思います

 

脚本は面白く、初見の人でも楽しめるように

さりげない説明セリフがふんだんに盛り込まれて分かりやすかった

でも、アニメのストーリーもとてもスタイリッシュで洗練されてるので

オリジナルじゃなくて、アニメのエピソードやって欲しかったな

 

 

鈴木拡樹さん(夜ト 役)

 

私は拡樹くん大好きで、贔屓目に見ちゃう方だと思うんだけど

それでも、ミスキャストだったなぁとしか思えなかった

原作のノラガミはコメディ部分とシリアス部分の配分が絶妙で

そこが魅力なんだけど、拡樹くんの持ってるコメディのセンスと

原作の夜トのコメディの方向性が全く違うので違和感ハンパナイ

夜トは、もっとキュートなコメディ要素を持ってる人に演じて欲しかった

誰が良いか考えたんだけど、馬場良馬くんとかどうだろう

 

拡樹くんの面白さは、真面目にやってるのにズレてるってところで

例えば「好色一代男」の艶様とか、「abc」のイザベルとか

ああいう突き抜けたキャラが最高に面白いの

夜トは、普段は不真面目で、時々真面目になるのが魅力だから

夜トのキュートな雰囲気はちょっと出せてなかったな

声も、声優さんに寄せてたのが逆に違和感だった

もう少し器用な役者さんがやったら、もっと面白くなっただろうにと思う

 

あと、ウイッグが全然合ってない

ビックリするほどあってない

ずれてるのかと思うほど合ってない

前にずれてたんじゃないの??

顔が隠れてしまってるし、横のボリュームがありすぎてボッサボサ

拡樹くんの頬がこけて見えるように影が入ってしまって

全く夜トに見えなかった

 

頬にシャドウ入れてるのかなーってくらいの影が出来てて

そこに明るい色の青いカラコンが浮きまくっててちょっとしたホラー

ビジュアルもとっても残念なかんじでした

キャラショットでは夜トっぽいのにな

動いてるうちにウイッグがボッサボサになってしまったのかな??

 

夜トが、嬉しくて、目立たないように小さくガッツポーズしてるところ

あそこは面白かったなーと唯一思えるシーンでした

 

殺陣は、とっても迫力あって綺麗だった

拡樹くんの殺陣が物凄く向上してるのが分かって驚きました

 

拡樹くんが人気だからキャスティングしたのかなーって思うけど

役者にも限界があるし、誰がやってもいいってわけではなく

再現度も舞台の魅力の一つである、2.5次元では

それなりの人をキャスティングして欲しいなと感じました

拡樹くんの演技力と魅力だけでは、夜トとの違和感を埋められなかったかんじ

 

拡樹くん、恵比寿なんかすっごく合いそうなんだけどな

死にそうな状況で「オリーブ軒の煮込みハンバーグ食べたい」って言って欲しい

あとは天神様なんかも上手く演じそう

 

 

 

 

植田圭輔さん(雪音 役)

植ちゃん雪音は原作とは違ってたけど、許容範囲かな

原作の雪は、ハスに構えたかんじの厨二っぽいイメージで

夜トが「十代前半、めんどくせー時期か」って表現してて

めんどくせー少年なんだけど

植ちゃん雪は、熱い!!!めちゃくちゃ熱くて体育会系

まっすぐで素直な少年

夜トと、雪音の関係性は原作の中で変わっていくので

どこの時間軸の雪音を演じるのかでだいぶ違うと思うけど

2本の剣になってるって事は、はふりの器になった後だから

もう少し、夜トとの信頼関係が出来てても良くないだろうか

あと、ちょっと植ちゃんがショタっぽく演じすぎかなと感じる

雪音のイメージは、背伸びした少年なのでその辺がずれてるというか・・・

しかし、植ちゃんらしい雪音で、キャラクターに血肉通ってる!!!って感じた

原作とはちょっとイメージ違ったけど、雪音を舞台で、役者が演じる良さがあった

あと、コメディーシーンの演技はとてもノビノビしてて上手く表現されてました

 

和田琢磨さん(兆麻 役)

ちょっと変態っぽい兆麻だったww

最高に面白い

キャスティングした人最高!!!

普段真面目でお堅いのに

「ビーナの柔肌は私が守る!!!!!!!」

ってビーナ好きすぎて変態発言連発しちゃうところが最高に面白い

兆麻の偏愛っぷりが全面に押し出されてて、これはアリ!!って思う兆麻だった

ビジュアルもピッタリで、かっちりした軍服着てるのがとっても似合ってました

毘沙門との絆も上手に表現されていたし、とてもいいバディ感

これからも、わだっくまが兆麻やってくれたらいいなって思います

 

カテコでの「今日のわだっくま」落ち着いてる風を装ってるけど

かなりテンパってて、舞台上をウロウロしながら身振り手振り大きく

「今日が何の日か知ってますか??」って言うのがとってもキュートww

魅力的な役者さんだなーと思いました

 

 

 

安藤彩華さん(毘沙門 役)

はじめて拝見した役者さん

腹筋の割れ具合がすごく綺麗~

殺陣も綺麗でした

露出度の多い衣装だけど、カッコいいかんじに着こなしてました

魅力的に毘沙門を演じてたと思います

 

長谷川かすみさん(壱岐ひより 役)

お顔が丸くて可愛い!!!!

原作のひよりっぽさがすっごくでてた

ほわーんとした雰囲気で

かわいらしい方だなと思いました

 

糸原美波さん(小福 役)

原作の再現度ハンパな―――い!!!

もんのすごくピッタリだった

本当にアニメから抜け出たような再現度

声もビジュアルもまさに「小福」でした

キャピッ☆とした雰囲気がすっごく可愛くて

中の人がにじみ出てるのかな

キャスティングした人、ピッタリの役者さんありがとう!!

 

 

友常勇気さん(大黒 役)

友常くんは、こういう役本当にすっごいあってると思う

やからっぽい役といいましょうかww

ガタイもいいし、声も太いし、おっさん役すっごい上手い

でも、よく見たらキレイで可愛い顔してるんですよ、友常くん(ここ重要)

なかなかこういう役が出来る若手が居ないから

こっち方面磨いたら良いのになって思う

中の人は可愛い系目指してるってか、好きみたいなんだけど

友常君の魅力が最大限に開花するのは、ガラの悪いやからの役です!!! 

 

和泉宗兵さん(天神 役)

演技は良かったんだけど

天神のギャグセンスが方向性違う・・・

エロオヤジっぽくなってんだけど!

天神って「ナウなヤング」でキレッキレのギャグ入れてくるかんじだよね?

ヤンチャなおじさんキャラだよね?

その辺は解釈の違いなのか

エロオヤジの天神様は嫌なので、方向修正して頂きたい

演技はとても良かったです

天神様でした